シネマ歌舞伎 『大江戸りびんぐでっど』

昨日、仕事終わりに行って来ました

走った、走った

18時10分開映だものー

走っても歩いても、速度変わんないのが難点だけど・・・





歌舞伎座閉館の際、さよなら公演として企画された、

宮藤官九郎 脚本演出の作品です


大体宮藤官九郎って名前、歌舞伎の屋号っぽいよね

大御所の歌舞伎役者達が、クドカンさんの世界を楽しんでる様でした


ゾンビ(存鼻?)が大勢出て来るんだけど

そのキャラが凝ってて、面白かった

目鼻立ちが分からないくらい、刀がいっぱい突き刺さってたり

アニメの様に、目がだら~んと垂れ下がってたり・・・

一人ずつ、じっくり間近で見たかったな


でもゾンビの話し方が、ちょっと・・・いやかなり気になりました


面白かったけど、中笑いかしら












芝居絵に見る江戸・明治の歌舞伎 (Shotor Museum)
小学館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 芝居絵に見る江戸・明治の歌舞伎 (Shotor Museum) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック